知恵ぽんのブログ

赤ちゃんに日焼け止めは必要?肌に合うのはどの種類になる

      2016/06/29

赤ちゃんに日焼け止めは必要or不要
使ったほうがいいなら、どんな種類を選べばいいの?

赤ちゃん 日焼け止め 必要

赤ちゃんとの夏のお出掛け、日焼け対策は考えていますか?

紫外線、年々強くなってきていますね。

日本も近い将来、欧米のように多くの人が日常的にサングラスをするようになるかも知れません。

状況は刻一刻と変化しています。

昔だったら日焼け止めは美容のもの。

赤ちゃんに日焼け止めを塗る事などあまりなかったかも知れませんが、環境が変化して来ていることを忘れてはなりません。

体への負担を最小限に心掛けつつこどもを紫外線から守りましょう。

このでは赤ちゃんと日焼け止めについて

・そもそも必要なの?
・日焼け止めの仕組みって
・赤ちゃんにオススメは

など、書いていきますので
赤ちゃんの日焼け対策について、一緒に考えていきましょう。

スポンサードリンク

塗る or 塗らない

そもそも赤ちゃんの紫外線予防として、日焼け止めは必要なの?

 それとも不要?

考えどころですよね…。

日焼け止めって何となく化粧品の延長のような気がして、赤ちゃんのまっさらの肌につけるのは気が引ける人もいるんじゃないでしょうか?

でも外は凄い日射しで、赤ちゃんを外出させるには帽子だけでは心許なく、だからといって丸一日屋内にいるのも不健康だし…。

また、わざわざ炎天下で長時間こどもを遊ばせようとは思っていなくても、紫外線の強い日の外出を余儀なくされる状況だってありますよね。

日焼けというのは元をだだすと全身の軽い火傷になります。

赤ちゃんが火傷って考えると、コレは一大事ですね。

それを防ぐ為に日焼け止めを上手に利用することも一つの手ですよ。

赤ちゃんの外出時には、お天気の状況を考えてると日焼け止めが必要って時も有りますよ。

赤ちゃんに日焼け止めは必要 種類

2種類の日焼け止めの仕組み

日焼け止めってどういう仕組みで紫外線から肌を守っているか知っていますか?

まずはそれを理解しないことには、赤ちゃんにとって今必要なのか!判断しかねます。

また、最大限に効果を出しつつ使用を最小限にする方法も考えていきましょう。

実は日焼け止めには二種類あるんです。

“吸収剤”と“散乱剤”です。

■吸収剤というのは
紫外線をクリームが吸収し熱に変えて放出し、肌に到達するのを防ぐ

という方法で、イメージとしては防弾チョッキです。

■散乱剤と言うのは
紫外線を跳ね返す事で肌への浸透を防ぐ

と言う方法で、イメージとしては鉄の鎧です。

さて、この二種類の日焼け止め、それぞれに弱点があります。

スポンサードリンク
★吸収剤の弱点
・一定量の紫外線を吸収するとそれ以上は機能しなくなる
・紫外線を吸収したクリームは熱を持ち肌に負担をかける
・上記の理由で一定時間で一度洗い落とし塗り直す必要になる
★散乱剤の弱点
一度塗れば汗で流れ落ちない限りは有効ですが、物理的に跳ね返すという方法をとるため、吸収剤程の確実な日焼け止め効果を期待するには白浮きするくらいしっかりとムラなく塗る必要がある

赤ちゃんに日焼け止めは必要な時があるとはいえ
双方の弱点を考えると「肌に負担」も嫌「ベタベタ塗る」のも嫌ですね。

赤ちゃんにおすすめはどっち?

まず、結論から言うと

紫外線の強い日には
午前中短時間だけの外遊び+帽子+散乱剤の日焼け止めが必要

これがおすすめです。

大人が外回りの営業で炎天下歩き回らなければならない
なんてことなどは、仕事でもなければやりませんね!

なので、赤ちゃんの場合は長時間紫外線に当たることをまず避けましょう。

でも、外出も大事!
ほどほどであれば、夏の暑さや紫外線の刺激を受けることは必要な事ですよ。

適度な時間でお散歩に連れて行ってあげましょうね。

日焼け止めで吸収剤よりも散乱剤がおすすめな理由は、弱点に書いた吸収剤が熱を持つ点にあります。

紫外線それ自体は防げても、ただでさえ暑さに弱く脱水しやすい赤ちゃんの肌の上に熱を放出するクリームが乗っているというのはあまり望ましい事ではありません。

日焼け止めを洗い流した後、顔が赤くなっていたりするのは、防ぎ切れなかった紫外線ではなく、日焼け止めクリームそのものによる場合もある訳ですよ。

そんな中、最近は散乱剤の利点が注目されて、肌への配慮がなされた日焼け止めクリームが増えてきています。

こちらの方が必要性が高くなったってことですね。

あとがき

赤ちゃんの日焼け止めは必要か?
ってことなどについて書きました。

いかがでしたでしたか。

夏であっても、赤ちゃんの少時間の外出は健康の為に必要なことです。

その時は、帽子に散乱剤の日焼け止めが必要な持ち物になります。

開放的な夏、日焼け止めだけでなく水分補給なども必要ですよ!
赤ちゃんと一緒に外出を楽しみましょう。

スポンサードリンク

 - 子育て

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

夏生まれの新生児の肌着※最低何枚必要なの?種類や生地は何を選ぶ

新生児の夏の肌着は何枚必要なの? 出産準備に勤しんでる新米ママさんは考えちゃいま …

新生児のお腹がパンパンなのは病気?原因や対策を考える

新生児のお腹がまん丸のパンパンに張ったのを見たことはありますか? 幼児体形という …

保育園の運動会の服装でパパは?オシャレするポイント

保育園の運動会って、パパはどんな服装がいいのか? ほぼ、決めてるんだけど少し心配 …

秋生まれの女の子の名前に古風な漢字を季語から選択!

秋生まれる女の子!どんな名前をつけようかな? やっぱり古風な漢字が可愛いよね! …

家庭訪問でお茶菓子の出し方は※お掃除など前準備も大事ですよ

家庭訪問は毎年のことながら緊張しますね 先生に気持よく接してもらおうと、お茶菓子 …

蚊取り線香の赤ちゃんへの影響は?天然除虫菊は安全か

赤ちゃんに蚊取り線香って悪い影響ないの? 殺虫剤だから・・・、大人には大丈夫でも …

ズッキーニの離乳食はいつから※レシピはどんなメニューがある?

離乳食をズッキーニにで作るのはいつからOK? 夏は栄養素の高い野菜のレシピがいい …

男の子の名前を一文字で古風なイメージの例を集めてみた

男の子の命名、漢字一文字の名前が古風でありつつ格好よくて人気です。 ・宇宙を彷彿 …

新生児の寝過ぎの原因が心配?気にする前にコレ知っとこ

寝過ぎる新生児は病気になる!? 曖昧な噂と思っても、親としては原因が気になります …

新生児が寝ないで泣く原因は?寝かしつける方法のポイントはコレ

新生児ってこんなに寝ないで泣き続けるの 何か原因があるんじゃないかしら? 赤ちゃ …